シンガポールで毎日食べてる

ブログトップ

ハイティー(ティフィンルーム ラッフルズホテル)

e0005818_19204271.jpg


憧れの、憧れの、憧れのラッフルズのハイティーに初めて行ってきました。
遊びに来ている妹の28歳の誕生日に。

「誕生日だし、ラッフルズのハイティー行ってみる?」と聞くと、

妹、「えええ???そんなのおばさんになった気分~」


うるさいんじゃぁ~!!


でも、頼むから行こうと私からお願いして妹を連れ出しました。


タクシーでホテルまで。

ラッフルズにMRTとかバスで行くのってどうなの?と、見栄張りな私。
でもねタクシーが普通にものすごく臭いんですけど。
いくら上品さを演出しても限界があるね!

ホテルについて、にこやかに出迎えられ、こじんまりとしてるけど、シックで素敵なロビーを見て、妹もすっかりいい気分になった模様。


ティフィンルームに入ると、かしこまった雰囲気はないけれど、
真っ白なテーブルクロスに背筋が伸びる思い。


2時間前だけどちゃんと予約したおかげか、お洒落して出かけたおかげか、結構いい席に通された。Gパン・Tシャツ・スニーカーな人たちは入り口付近に通されてた。服装に因果関係があるかはわからない。


ケーキのところ。
e0005818_19213086.jpg


店内はやっぱり、観光客が多い。
斜めがけのバックや、Gパン、オーバーオールなどなど。
別に日本人だけじゃなくて、西洋人も粗末な格好で来てた。

黄色いオーバーオールの人もいたYO!
e0005818_19214825.jpg



もちろん、うっとりするほど素敵で、
「あなたのスペースにお邪魔して本当にごめんなさいね」
とあやまりたくなるような人たちもいた。

だども。

普通のホテルのハイティーなら、

子供の声うるさい!とか、

あのおばはんみっともない!とか、

結構まわりのことが気になったりするものなんだけど(すみません、心の狭い人間で)、

不思議かな、ラッフルズではそんなことが気にならない。

全然気にならない!

子供も近くに座ってたし、私のハイティー史上最高に頂けない格好の人にも遭遇したけれど。

内装やスペースのゴージャス度ではその他のホテルの方が上なのに、なぜだ?


たぶん、それはホテル全体からマイナスイオンが発せられてるからではないかと。


ラッフルズホテルはほかのゴージャスな高級ホテルにはない、
老舗の誇りと自信とゆとりがそこかしこから感じられるのです。


で、そのゆとりが確実に私たちを癒してくれるのね。

こんな天井みてるだけで、ぽけーっと癒されるの。

e0005818_19225253.jpg



えっと料理?

うん、料理ねえ~。

たぶん食べ放題のつもりで来ちゃうと物足りないと思う。
種類が少ないし、ケーキの味もまあまあレベル。

だけど意外にもシューマイとチャーシューマンがおいしかった。

私の一皿目。
e0005818_19231664.jpg


あいかわらず茶色いな、おい。
お上品とかそういうのすっかり忘れちゃった組み合わせ。
サンドイッチとおこわとシューマイとギョーザってありえないでしょ?w

ほんとにハイティーですか?


二皿目。
e0005818_19233468.jpg


スコーンとシューマイとギョーザとキッシュってありえないでしょ?www

でも、これ全部おいしかった。ギョーザとシューマイはマジでうまい!
ラッフルズじゃなかったら、タッパーで持ち帰るところよ。

でスコーン。
これが私と妹の超好み味。生地の味がするスコーンね。
それが一般的なお菓子の良し悪しとして優れてるかどうかは別として。
全然甘くないから、リージェントとかリッツのスコーン好きには物足りないかもしれないけれど。


三皿目はフルーツにして、私の胃袋はシャッターがしまりました。

胃袋だけはお上品仕様になった模様。



途中おしゃべりに夢中になって、飲みかけのコーヒーが冷めてしまったら、
何もいわずに、さっとカップごと交換し、熱々のコーヒーに変えてくれた。
こういうところが高級ホテルのサービスなんだろうね。

出がらしの紅茶に永遠にお湯をいれられるなんてことはありえないのね。

うっかりしてると、えらい濃さの紅茶になるなんてことはありえないのね。

はーいい気分だった。

ハイティー後はホテルまわりで撮影会。

28歳になった妹。↓

e0005818_19244883.jpg


今日は冷蔵庫のドアが開けっ放しだった気がしたけど、まぼろしよね?

このワンピースは私のものなんだけど、夫タオルに「土管?」といわれた例のアレです。
土管になってないのね。うらやましい。


ティフィンルーム横の回廊。素敵すぎるぅ~。
e0005818_19251917.jpg


ラッフルズホテルと妹。
e0005818_19253728.jpg


写真とると半分は目をつぶってるのね。
大事なときほど目をつぶるのは、母親似ですね。


------はい、ラッフルズの話題はここまで------

サッカーの件。
今日はこれについて話さないわけにはいくまいよ。


とにかく終わったね、日本。見てるほうも疲れたねー。
でも最後に1本だけだけど、気持ちのいいゴールが見れただけでも良しとする。志低いな、オイ。

でもほんと、こういうの待ってたの。

終了直後、また4年後にこんな思いをしなくちゃいけないのかと思ったら、
早速気が重くなったんだけど。(笑)

で、番長に教えてもらったこのブログ、すごく面白い。
面白くて笑えるんだけど、精神安定剤にもなってくれる。
とっくにご存知かもしれないけれど、オススメ。
スポーツ見るもの語る者
http://blog.livedoor.jp/vitaminw/

で、YouTubeでサッカーのニュースを探していたらこんな動画発見。
私のまわりの土田晃之ファンは必見よ!
オーストラリア戦後に、現地で取材していた土田がすごく怒ってて笑える。
賛否両論あるかもしれないけど、少なくともオーストラリア戦後の私は、この土田と同じ感情だったわ。日本チームのことをぼろくそに言ってるので、気分悪くなりそうな人は見ちゃだめよ。私は笑えてすっきりしたけど。

オーストラリア戦を語る土田その1
http://www.youtube.com/watch?v=_51k3VxnJ24&search=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8


オーストラリア戦を語る土田その2(←すげー面白い)
http://www.youtube.com/watch?v=L_9YiDvGtNc&search=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8

オーストラリア戦を語る土田(と中山) その3
http://www.youtube.com/watch?v=k1G4K6_8yfo&search=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8


おまけ。クロアチア戦で玉田が主審にドリブル仕掛けてたね。
http://www.youtube.com/watch?v=EYG0V7rf5qU&search=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8


そして最後に、次の代表戦の時は自前のユニフォーム買おうと思う。

INAMOTOで。

ちょーかわいーんですけど。
今日は一日ほとんど稲本のことだけ考えてました。
こういうミーハーなファンがサッカーをダメに(以下略



ブログランキング参加中
ワンクリックお願いします!



**詳細
+ハイティー

+満足度
★★★★★

+値段
二人で80ドル弱(5600円)
サービス料・税金込み

+店名
ティフィンルーム Tiffin Room
ラッフルズホテル Raffles Hotel

+住所
1 Beach Rd
1F Raffles Hotel

+バス・MRT最寄駅 
MRT シティーホール駅から徒歩3分
[PR]
by chicken_rice | 2006-06-23 19:30